So-net無料ブログ作成

夫へのあり得ないラブっぷりを描く「夫婦善哉」 [お笑い・芸能]

昨晩、日テレを見ていたら
「ジブリ・宮崎駿監督引退」なるュース速報が![がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

これで「風立ちぬ」の「ポニョ」越えは確実だな。




終わるドラマあれば、始まるドラマあり。
クール無視の編成は、N○Kならでは。(笑)

というわけで、先週から始まった「夫婦善哉」が、予想外に面白いです。

ちゃらんぽらんな化粧品問屋の若旦那と、貧乏な家庭に育った売れっ子芸者の夫婦道を描く話なんですけど
不幸続きの展開のわりに、ぜんぜん暗くないの。

むしろ軽やか。
「人生、いくらどん底に落ちようと、一途な想いはすべてを凌駕する」
そう言われているみたいで、なんか気分いいです。
この手のドラマは、ありそうでなかったし。

蝶子を演じる尾野真千子さんがいいですね。

キリッとしていて気っ風がよくて美人。
尾野さんにピッタリ~。

蝶子のダンナ・柳吉役の森山未來くんは、ダメ男の典型を的確に体現していると思う。

この役、綾野剛くんとか榎本佑くんでもいいかもしれない。
ていうかこの3人、カテゴリー的に似てね?
え?違う?[たらーっ(汗)]

初回で駆け落ちをした柳吉と蝶子ですが、今週放映の2話では、早くも別れ話が勃発。
て、展開、早っ。[あせあせ(飛び散る汗)]

まあそれは狂言だったんですけど、蝶子さんの大根ぶりのせいで計画は頓挫。
悪事は成功しないってことですな。

そうこうしているうちに、今度は身内が次々に病に倒れていく…。[バッド(下向き矢印)]

にしても、まさか蝶子母が亡くなるとは思いませんでしたよ。
死に目にも会わせない柳吉は、文字どおりの人でなし。
おまけに、療養と偽って芸者遊びに興じる始末。

語り手の台詞じゃないけど
あんな男のどこがそんなにいいの?

アホすぎて逆に笑えます。
蝶子さん、マジで惚れているのね。

ホントに日本一の夫婦になるのか、見守りたいと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0